ケプラー|ヨンウン人気の理由「ダンス,歌,ラップ」ハマる魅力徹底解説

ケプラーヨンウン Kep1er
スポンサーリンク

ヨンウンは韓国オーディション番組「Girls Planet999(ガルプラ)」からデビューしたガールズグループ・Kep1erでデビューしました。ガルプラ初回にNCT127「英雄」でオールラウンダーな魅力を披露して以降人気を更新し続けているヨンウンのダンス・歌・ラップの魅力を徹底解説します。

ケプラー・ヨンウンのプロフィールや性格などの魅力もまとめました。

スポンサーリンク

ケプラー|ヨンウンのプロフィール

Kep1erヨンウンのプロフィール

名前:ソ・ヨンウン

誕生日:2004年12月27日

年齢:17歳

出身:京畿道議政府市(キョンギドウィジョンブ市)

血液型:A型

身長:159cm

家族:両親、姉2人

MBTI:INFP

ニックネーム:砂漠キツネ、ヨウン

趣味:K-POPカバーダンス、香水集め(FORMENTコットンハグ愛用)

特技:ヒップホップ、ボーイズグループのダンス

学歴:湖原高校在学中

ガルプラ最終順位:5位

所属事務所:ビスケットエンターテイメント(その前はIMEコリア)

スポンサーリンク

ヨンウンさんはケプラーとしてデビューして活発なグループ活動をしていますが、2022年3月現在でまだ17歳の高校生の女の子です。幼少の頃からバレエ、韓国舞踊にテコンドーなどを習い、10歳頃からモダンk実用音楽学院でヒップホップなどのダンスと体を使う運動をいろいろ習っていました。アイドルを目指して約2年半の練習生時代にたくさんのアイドルの振り付けコピーを練習していました。

Kep1erヨンウン人気の理由「オールラウンダーの魅力」を詳しく解説

ヨンウンのガルプラ時代のオールラウンダーの魅力をダンス、ラップ、歌唱力、ギャップの魅力に分けて詳しく解説していきます。

ダンスの魅力

ガルプラを知っている人たちにヨンウンといえばNCT127「英雄」が一番に浮かんでくるでしょう。それぐらい様々なインパクトをメンターや視聴者に与えました。

ヨンウンの得意なボーイズグループの曲ですが、英雄のパフォーマンスは男子グループの中でも特別にゴリゴリなダンスでガーズルグループでは消化できないキレやダイナミックさ、力強さが必要になります。それを消化してしまったヨンウンとジアちゃんのコンビパフォーマンスは完成度がとても高いと騒然としていました。

目つきは怖いと後ずさりしてしまいそうなくらいに強くみんなの視線を奪いました。足を大きく上げたりしても鍛えた腹筋や体幹で安定しているのもヨンウンのダンスの重要な要素です。

スポンサーリンク

ヨンウンはその後のミッションでガールズグループのパフォーマンスを披露していきますが、その中でもBLACK PINKの「How you like that」で初めてガールズグループの曲に参加してガールズグループも難なくこなすことができることを証明しました。少ないパート割りでしたが自分のパートのダンスは目力鋭くキレの良いい部分と手先まできれいな動作や切なさや可愛い表情でヨンウンの表現力の高さで存在感を見せてくれました。

ガルプラオリジナル曲「U+Me=Love(ユープラスミーイコールラブ)」では、メインボーカル担当でしたがヨンウンらしさはアイソレーションなどで所々キレの良さが出ていましたし、女の子の恋への止められない想いの熱量を歌っているので振り付けもキレもありながら女の子らしさやしなやかなガールズグループ特有のS字ラインなどのダンスを披露していて等身大の女の子としてのヨンウンのキラキラした可愛い魅力をダンスで表現していました。

ラップの魅力

ヨンウンのラップも「英雄」のパフォーマンスでラッパーのイメージが強く残りました。激しいダンスでも息が切れることなく力強いラップが持ち味だと感じるくらいに安定していてよりパフォーマンスのかっこよさを際立てる役割になっていました。安定しすぎて思わず録音なのかと思うほどでしたが、一緒にパフォーマンスしていたジアちゃんのボーカルが揺らいでいたところがあったので生ラップだったことがわかります。

英雄のイメージでまたヨンウンのラップを見たいという意見も多かったのですが、その後のパフォーマンスではサブボーカルからメインボーカルへと進化していったのでなかなかラップを聞くことがありませんでした。しかしガルプラ番組スタート時に日本・韓国・中国と国別でパフォーマンスを披露したシグナルソング「O.O.O.(オー・オー・オー)」をメンバー編成した新チームで後半披露しましたが、ヨンウンがラップ担当になりました。

スポンサーリンク

この曲は「英雄」とは違い少しかっこよさもありますが女の子らしさをだした可愛さのあるラップでまたファンを鷲掴みにしてましたが、目線や振り付けがとにかくかっこかわいいです。何よりラップとダンスをしている時のヨンウンがいつもに増して楽しそうでラップとダンスが好きなことがよくわかるのでさらに魅力的に見えます。

歌唱力

ヨンウンは歌にラップにダンスにとオールラウンダーという表現がぴったりな魅力あふれた子ですが、ただ歌が上手いというだけでなく、ポップスやジャジーな曲、バラードまで全て歌いこなす意味でもなんでもできるのが魅力です。

ヨンウンは番組開始当初はラップやダンス担当の位置付けでしたが、BLACK PINKの「How you like that」でのサブボーカルのパートで声量や歌声が安定していて、短いパートの中でボーカルテクニックも披露して「歌も歌える」という印象を与えました。

スポンサーリンク

その後、桑原彩菜、中国のワン・ヤーラ2PMの「MY HOUSE」のパフォーマンスでメインボーカルとして低音から中音の魅力的なハスキーボイスを披露しました。真声と仮声を行ったり来たりする難しいボーカルを余裕ある姿で消化していました。当時まだ16歳だったヨンウンが大人のセクシーさを表現したボーカルはとても魅力的でしかも安定して言葉通り「魅せていた」んだと思います。ヨンウンの歌唱力が初めて認められた曲になりました。

このパフォーマンスでラップマスターのウ・ウォンジェは「ヨンウンすごい歌が上手い」いつも手厳しい評価をするボーカルマスターのイム・ハンビョルは「今日のパフォーマンスの中で)一番上手かった」ティファニーも「ヨンウン歌がとても上手で驚いた」ソンミは「声がとってもいいです。ダンスも含めて魅力があります。」とみんなべた褒めするほどでした。

ギャップの魅力

ヨンウンは前述の通りダンス・ラップ・歌とチカラ強いパフォーマンスでガールクラッシュのイメージが強いですが、ステージを降りるととても陽気でリアクション王に大変身します。ガルプラ初回のイ・ジアちゃんとの「英雄」パフォーマンスで登場した時も、その気迫や目つきをしていたのに自己紹介で話しだすと大きなリアクションや面白い話し方で物怖じせずに、司会で俳優のヨ・ジングさんとの会話がコントのような面白さでかなり目を引きました。

ガルプラで他の人のパフォーマンスにものすごくリアクションして盛り上げてくれているのがカメラに捉えられています。ガルプラで一番最初に日韓中各1名の3名で構成されるセルと呼ばれるグループでヨンウンは日本の川口ゆりな、中国のシェン・シャオティンと組んで「けんちゃなよ(訳:大丈夫)セル」で撮ったポスターを目にして自分の面白い構図に1人大笑いでお腹を抱えていました。

年齢の上下の関係性が厳しい韓国でもヨンウンはキム・スヨンのパフォーマンスの一部仕草を真似てトムとジェリーのように駆けずり回って楽しんでいて自由でまだ高校生らしいいたずらをしていました。

このようなエピソードから元気いっぱいの女の子と思いきや同い年で仲良くしていたCherry Bulletメイに悩みを打ち明けてたくさんアドバイスをもらって頼っていたとのちにわかります。元気で面白い高校生ですが、実は年頃の繊細な感受性を持った子でもあり、そんなところもパフォーマンスでのソ・ヨンウンとのギャップがたくさんあって視聴者はヨンウン沼に入り込んで抜けれない人が続出しました。

ケプラー|ヨンウンのダンス,歌,ラップ

ガルプラ時代からヨンウンのダンス・歌・ラップを含めたパフォーマンスは安定した実力で歌に関しては披露するたびに進化する姿を見せてくれていました。ケプラーのデビュー曲「WA DA DA」とアルバム収録曲「MVSK」でのダンスは全体的にキレのあるヨンウンの得意とする分野ですが、ガルプラの時よりさらに洗練されてデビューしたばかりの新人ですがもうプロそのものです。

スポンサーリンク

そして収録曲「Shine」では衣装含めてかわいいいかにもガールズグループという愛嬌もあって可憐なダンスを見せています。可愛いことは知っていましたがこんなに可愛かったかと衝撃を受けるほどの可愛さです。Kep1er「WA DA DA」の活動中にバラエティ番組などでもコピーダンスも披露しています。

その際ボーイズグループのダンスの時はとても生き生きとした表情でバキバキに踊っていますが、ガールズグループのかわいい振り付けだと途端に後ろに後ずさる姿も見られてバキバキに踊るダンスが大好きなのが伝わってきます。練習生時代たくさん練習したのはやはりボーイズグループのダンスだったようですね。

ヨンウンの歌声はハスキーでやや粗っぽいところも魅力があり歌唱力も当時から安定していました。ですが、デビュー後の突き抜けたきれいな高音や透明感ある歌声を聴かせてくれていてデビュー期間中に歌い方を変えたようでした。やや喉に負担のある歌い方との声もあったのでボーカルレッスンで磨かれたのでしょう。

スポンサーリンク

チェヒョン 、ダヨンと3人で少女時代テヨンの「This Christmas」のカバーがデビュー先行配信されました。ヨンウンが公に本格的なバラードを披露するのは初めての曲だと思いますが、この曲でハスキーボイスのヨンウンから聞こえてくるのはまさに「エンジェルボイス」なのです。天使のようにふわふわでガラスのように透き通る透明感と感性に訴える表現力でした。まだまだヨンウンの魅力は尽きることなくどんどん進化していくという期待感を持たずにいられません。

練習生時代、ガルプラ時代含めて可愛い整った顔立ちでビジュアルの魅力も十分でしたが、デビューして17歳になりヘアメイクや衣装でどんどんきれいになっていくヨンウンはビジュアル的にもどんどん魅力がパワーアップしているところです。まだ17歳なので少女から大人の女性への変化もとても楽しみなヨンウンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました